アミノe効果事例

カボチャ


使用方法【例】

  1. 植え付け前に、種を1000倍希釈液に、7時間浸して植え付ける。

  2. 育苗ポットへの植え付け後の灌水時に、同じく1000倍希釈液を散布する。 →右側の苗が、アミノeを使用した苗(左は対照苗)

  3. 畑への植付け後は、1000倍希釈液を500L程度/反あたり(アミノe500ml)を一週間に1回程度葉面散布する。

     


発根がよく、畑への植付後も活着がよい!

育苗の段階で、ポットの下から根が出てきたのは初めて。

ポットを外したら、根がびっしりと張っていた。


茎に例年にない固いトゲが!

 

普段は、ここまで茎がとげとげしくならない。

植物が健康になって、本来の防御本能が働いているのでは・・・。


お客様の声

  • カボチャの苗で、双葉の時期にこんなに根が生育が良かったのは初めて!発根促進効果があると分かった。

  • 試しに、種植付時から灌水の際に、1000倍希釈液で、他社アミノ酸液肥と比較したら、発芽も「アミノe」が一番良かった。
  • 試しに、アミノe200倍液を、定植前の畑にも散布してみたので、定植後の生育と、カボチャの今年の出来が楽しみ!

  • カボチャの茎のトゲが、例年になく硬く刺さるくらいである。アブラムシも発生したが、繁殖することなく、トゲの中で固まって死んでしまっていたくらい。殺虫剤と殺菌剤も、散布しないですんでいる。

  • そして現在、収穫中。昨年が雨が多かったので単純に比較できないが、収量が2~3割はアップしている。
  • 卸業者様からは、例年に比べて実がぎっしり詰まって、美味しいかぼちゃが出来ましたね!と、評価いただいているとのこと。